赤い革財布を探している方へ - 財布メンズのおすすめ

赤い革財布を探している方へ

財布メンズのおすすめ
marutini ormondewallet

赤い革財布を探している方へ

赤い革財布を探している方に、お勧めのブランドをご紹介しましょう。
今回は、お手頃価格で割引購入ができるamazon.comからピックアップしました。

まずは、MAX.DCのレザーショートウォレット(二つ折り)は、いかがでしょうか。
牛革を使用しており、色合いもとても鮮やかです。
max.dc レザーウォレット
収納性にもこだわっており、カード入れが7つと豊富にあります。
札入れの後ろには、カギやレシートなどを入れられるよう、フリーポケットとは別に、ファスナーポケットも付いています。
折りたたむとコンパクトなのも魅力的です。

それから、United HOMME PRESIDENT(ユナイテッドオム・プレジデント)長財布は、表面にはイタリアンレザー(牛革)を、内側には国産ヌメ革を使用しています。
ユナイテッドオム プレジデント 赤
上品で落ち着いた色合いが魅力的です。

収納スペースにも、カードポケットが12個も付いています。
コインポケットも、中身が見やすくなっており、小銭を利用する際に便利です。

そして、こちらは、表面が黒で、内側が鮮やかな赤になっていますが、
DIABLO(ディアブロ)のホースハイド×カウハイド長財布レッドは、いかがでしょうか。
diablo 長財布 赤
表面には、馬革を使っているので、艶々で滑らかになっています。
内側は牛革を使っていて、丈夫な作りになっています。

表面のステッチにも赤の糸を使用していて、お洒落なデザインになっています。
中は華やかですが、表面はシンプルなのでビジネスシーンにも活用できます。

同じ色でも、ブランドのイメージでデザインが落ち着いたり、華やかになったりしますよね。
なので、財布選びには、自分のキャラクターや使用する場に合ったものを選びたいものです。

(※amazon.comでの商品割引は変更の可能性がありますので、購入前にサイト上で値段をご確認ください。)

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ財布 cocomeister

前の記事:
次の記事:

赤い革財布を探している方へのキーワード:
· ·

カテゴリ: レザー・革

財布メンズのおすすめ:新着記事

SAINT LAURENT PARIS長財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年12月29日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 SAINT LAURENT PAR...

PRADA二つ折り財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年12月15日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 PRADAの二つ折り財布 年代・職...

ORICE三つ折りの財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年12月08日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 ORICEの三つ折りの財布 年代・...

TAKEO KIKUCHI二つ折り財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年12月01日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 「TAKEO KIKUCHI」の二...

CYPRIS MORPHO長財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年11月24日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 CYPRIS MORPHO(キプリ...

グッチ二つ折り財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年11月17日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 グッチの二つ折り財布 年代・職業 ...

ポロクラブ二つ折り財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年11月10日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 ポロクラブの二つ折り財布 年代・職...

KANSAI YAMAMOTO HOMME二つ折り財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年11月03日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 KANSAI YAMAMOTO H...

コムサデモード長財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年10月27日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 コムサデモードの長財布 年代・職業...

カルティエ エナメルブラック長財布の口コミレビュー【みんなの革財布】  2015年10月20日
みんなの革財布シリーズ 現在使用している財布 カルティエのエナメルブラックの長財...

marutini ormondewallet